美白にはタバコは大敵

img-1

女性の中にはダイエットのためにタバコを吸っているという方もいますが、このタバコは美白には大敵となります。



美白に効果があることで知られるビタミンCですが、このビタミンCは喫煙により多く消費してしまいます。1本吸うだけで25ミリグラム消費するといわれ、ビタミンCは1日に100ミリグラム必要といわれています。

そのため、4本吸っただけで1日に必要なビタミンCを消費することになります。

これではビタミンCによる美白効果が期待できません。



ビタミンCにはメラニンを抑制する効果があり、この効果によって肌を白くする効果が期待できます。
しかし、喫煙によりビタミンCを消費することでこの効果を得ることができなくなってしまいます。

また、喫煙はビタミンCを消費するだけでなく血流の悪化、活性酸素が発生させる原因となります。
タバコの中の成分には血管を収縮させる効果があり血流を悪化させてしまいます。



そのため、肌にしっかりと栄養や酸素を運ぶことができなくなり肌トラブルや肌の再生サイクルが乱れる原因ともなります。

また、活性酸素は増えすぎると正常な細胞を傷つけシミやシワの原因ともなります。



喫煙は美白とは逆の働きをすることになり、多くタバコを吸っている方は肌が浅黒くなってしまう方もいます。

このように、美白効果を得たいと考えている方はお肌ケア以上に禁煙するのが近道となります。



お肌のことを考えるのなら禁煙をするだけで、お肌ケア以上の効果が期待できます。



関連リンク

img-2
美肌を目指すならまずは美白体験から始めてみよう

美肌を目指している美魔女の方はたくさんいます。年齢を重ねる事で、若かった時に気にならなかった肌の悩みというのはたくさん出てきてしまいます。...

more
img-2
フェイシャルの美白体験

私は両ワキから始めて、今ではほぼ全身と言っていいほどの脱毛をしています。エステサロンでのレーザー脱毛なのですが、毛の周期に合わせて、ワキと腕と手、ビキニラインと脚と足の組み合わせで、それぞれ2〜3か月に一回ずつ通っているので、ほぼ毎月どちらかのレーザー処理に行っています。...

more
top